地図を見ます

セント・ポールズ・ヒル(ア・ファモサ)

ムラカは、1511~1641年の間ポルトガル人の植民地でした。ポルトガル人入植者がこの地で最初に行ったことは、「ア・ファモサ」と呼ばれる川を臨む要塞の建築でした。ムラカは当時の超大国の激突の中心だったため、攻撃の脅威を常に抱えていました。「ア・ファモサ要塞」は、ポルトガルが、アジアにおける植民地の拠点を維持するために重要な存在でした。

要塞内には、家や食糧店、城、会議室、5堂の教会などが存在しましたが、オランダ軍による7カ月にわたる攻撃により、要塞のほとんどが破壊され、入口と、丘の上の教会の骨組みのみが残りました。

涼しい午後に、セント・ポールズ・ヒルに登り、荘厳な木々や歴史的な遺物の中を散策してみてください。ここでは、当時のポルトガル人の姿が目に飛び込んでくるような感覚に襲われます。

ここに到達する

徒歩またはタクシー
セント・ポールズ・ヒルは中心部近くに位置しており、ムラカから簡単に行くことができます。

誰が問合せ先に

Department of National Heritage

電話番号 : +606 - 288 3599




Tourism Malaysia Melaka Office

電話番号 : +606 - 288 3304/ 1549/ 3785

Related Brochure

View all brochure