地図を見ます
「ケリーズ・キャッスル」は、20世紀にスコットランド人入植者ウィリアム・ケリー・スミスの邸宅として建てられたものです。母国を遠く離れたケリーは、スコットランドの家を思い起こさせるような住居を建設することを望みました。このキャッスルは、かつてゴム農園であった丘の頂上に建っています。

ウィリアム・ケリー・スミスは、南インド人労働者に人気のある面白い人物でした。心優しい彼は、このキャッスルの敷地内にヒンズー寺院を建てました。労働者たちは、感謝のしるしとして、スーツと帽子を身に着けたケリーの像を建てました。

このユニークなキャッスルの建設は、1915年に開始されましたが、1926年のケリーの突然の死去により、中止されてしまいました。ペラ州の広いプランテーションの中にポツンと立ったこのキャッスルは、ケリーの強い個性とオーラを醸し、超現実的なものにさえ見えます。

近年、ペラ州政府による援助により、この荘厳な建物の復旧が行われました。ケリーの幽霊が住んでいるといううわさのこのキャッスルには、秘密の部屋と地下道があると言われています。

「ケリーズ・キャッスル」へと続く道は、曲がりくねった迷路のようになっており、この場所のミステリーとロマンスを一層引き立てます。

ここに到達する

陸路
キャッスルは、キンタ・キラ(Kinta Kellas)ゴム農園のバトゥ・ガジャ(Batu Gajah)へと向かう道の途中に位置しています。イポー(Ipoh)シティから南へ14kmの場所に位置しています。所要時間は、車で約30分です。

誰が問合せ先に

Tourism Malaysia State Office

電話番号 : +605-255 2772/9962
電子メール : mtpbperak@tourism.gov.my

Related Brochure

View all brochure